資料などのリンク集


 

 アナログ震世界。ここの掲示板に集まるユーザーの皆さんには本当にお世話になってます。(2004/12/19から旧"http://analog-synth.com"からjpに移転してます)

 ミューズ・ミュージックシンセサイザ研究会

 パーツ倉庫がねらい目。パーツの共同購入を主催されてて、DualTRや、温度補償抵抗など、手に入れにくいパーツも手にはいります。

 MK's homepage SynthesizerDIY

 オッショサンのページ。彼に色々ご指導頂いた。ここに掲載されているシンセの回路図はほとんどすべて組み立ててみた。

 ANALOG SYNTHESIZER K.T's HomePage

 ともかく莫大な情報量。アナログシンセに特化した電気の教科書的なページ「kairo」と、「DIY」のページ、僕的にはほとんどバイブル。現在は、休止されております。復帰されるのが楽しみです。

 Sound Reply

 凝ったオーディオと、アナログシンセのページ。(URLが変更になりました 2005/02/28)

 Synthesizer Circuits

 すべて英語で書かれているのだけど、本当にオリジナリティーあふれた回路図が紹介されている。いつかトライしてみたい。

 Synths'r'us

 ドイツのアナログシンセビルダ。実践的な回路図もたくさん掲載されている。(He lives in German. So many practical circuit diagrams are also carried here.)

 Scott Stites Synth DIY

 コヨーテアーグリーってのは、日本語だと、スゲーブスという意味らしい。
コヨーテって、罠につかまると、自分の足を食いちぎって逃げるんだって。で、酔っぱらって間違って女の子引っ掛けちゃって、朝、冷静になって自分の腕枕で寝てるのをみたとき、起こすより、腕を食いちぎって逃げたくなるようなブスという意味なんだって。
僕は、コヨーテシンセと呼んでるんだけど、月に向かって一人孤高に吼える姿が見えるようなそんな音ばっかり作ってんの、彼。
最近はキッチンシンクシステムという名前に改名したらしい。何でも作れるぞということだと思う。

 Bergfotron

 こちらもドイツ。パネル加工の妙技が見られる。(He is also German builder. His technique to make panel is excellent! No one can do like he does.)

 Music from outer Space

 鍵盤まで作っちゃってます。回路図だけでなく、基板パターンも紹介されてます。SoundLabは秀逸。

 Romcio's home page

 ポーランドのシンセビルダー。オリジナリティあふれる回路を紹介している。SMDを使ったPCBでVCAチップをアンチログに使ったオシレーターは印象的。DSPまで踏み込んでらっしゃる。パイプオルガンや古いシンセとか、非MIDI鍵盤をMIDI仕様に改造するPCBを作っていらっしゃる。

 UnderTechnoSystem

 独特の雰囲気が魅力。オリジナルの楽器群がかっこいい

 Web My Home

 UTSの展覧会の会場で知り合った若者。着々とコンテンツを増やされてるのが心強い。

 電音の工場

 楽器やエフェクタ-などのネタが満載のBlog。毎日見たい!

 Genie's

 プロミュージシャン。電気ネタだけでなくプログラミングネタも多い。

 電圧制御式電子音楽

 No MIDI と言い切る潔さが心地よい。デモの音色つくりの丁寧さには脱帽。

 Radio Jank Box

 手作りのプロフェットテイストのモジュラシンセが素敵!パネルがかっこいい。

 

 特定の年代の特定のメーカーの機材にこだわって集めるだけで無く、実際に稼動可能な状態にメンテされてる。

 shinya's Studio

 若々しい。まかり間違うと彼と同じぐらいの息子が居てもおかしくない事にふと気が付いたりして。このやろー、かわいいからいじめちゃえー、とかやってていいんだろうか?あっという間に追いこされて行ってしまうんだろうなあ。

 ぽち電子音響工作所 ─シンセ工房─

 特に「アナログシンセ その1」EtudeOneは素敵!

 田中 宏のホームページ>電子楽器の部屋

 20年前にモジュラシンセやポリシンセを組み立てられてた大先輩。ぼくもしてもちゃんと記録しておこうとか思います、いや、たとえ、それが稚拙な、失敗作であったとしても。

 一庵堂

 趣味、回路図鑑賞という、え?なひとなのかとおもえば、Jeff beckが好きなら、きっと良い人にちがいない・・。

 idlepop/LITZHAUS

 2004/6 にリニューアルされた。シンセのページには回路図がいくつか掲載されており勉強になる。

 モジュラーシンセの製作()

 始まったばかりBlogのようで、今後銅展開するのか、楽しみ。(2005/08/22)

 トランジスタ・FET規格表

 丁寧に作られたデータの一覧には、敬意を表したい。

 部品データベース

 おっしょさんご用達

 ASM1 Page

 ASM1ビルダー。本家のページで紹介されているパネルを使っている。

 Cynthia

 特殊なモジュールを販売されている。パネルが異様な世界を構築している。("It's some crazy girl in California making synthesizers and funny noises!" she describe herself like this)

 SYNTHFOOL

 特にシンセの回路がお気に入り。ミニムーグの新旧のオシレーターの回路の比較や、SEMの回路はドキドキする。

 Ruu's Homepage

 特に「電子工作」のページ、PIC関係が充実している。特にMIDIシーケンサに使われているMIDIのシリアルルーチンが秀逸。

 電気電子工作の部屋

 余剰電子部品のリサイクルを手がけていらっしゃる。「Memorandumの小部屋」には、PICを使った製作例が紹介されている。

 サトー電気

 電子部品の通販サイト。パーツのリストがかなり大きく、比較的簡単に入手可能なパーツかどうかは、ここのリストを参照していたりする。

 秋月電子通商

 電子部品の通販サイト。ほんと、ここには世話になってるな。ホームページがリニューアルされたのを記念してLinkに追加。メールリングリストも持っているらしい。

 千石電商

 ほとんどのパーツはここで買える。

 Small Bear Electronics LLC

 送料が安いのが魅力。素人の少量の注文でも快く引き受けてくれるので使いやすい。在庫が無い商品は別のsiteから取りまとめて送ってくださったりもして(アメリカ国内の送料は別途掛かるけど)Paypalで気軽に決済でまとめて買うには便利かもしれない)

 Jameco Electronics

 カリフォルニアのパーツショップ。ここのパーツリストは検索機能付き。まだ、ここから購入したことはないのだけど。

 Mouser

 向こうではとても有名らしい

 PAiA

 パイアと発音するらしい。アメリカのキットメーカー。

 EFM Synthesizer

 回路図公開のキット

 Blacet Research

 キットメーカー

 Moduler Synth

 Ken Stone氏のサイト。オーソドックスではないけど、濃いモジュールの数々が紹介されている。PCBの販売もやっている。


ホームメイドシンセのトップページに戻る
武田のホームページに戻る

本ページはアマチュアの実験レポートであり、何かを保証するようなものではありません。このページの情報の利用の結果なにか不具合があったとしても、何も保証する物でもありませんのであしからず、ご了承ください。
また、本文中で紹介させていただいているURLの筆者の方にもなんの責任もありません。

"Home Made Synth Waht's new" Copyright 2002, Motohiko Takeda, Crow Hill Laboratory
Motohiko Takeda Mail:takeda@aleph.co.jp