SuperEdge2


ブログで妄想大爆発

2006年春、某ブログの薄暗い部屋で、山吹色の箱を前に、悪徳商人「治左衛門」と悪代官の密談があった。

ぬぬ、治左衛門も悪よのぉ。コントロールをゲインとボリュームの2つに絞った思いっきりの良さは、参いったぞ。SuperEdge2での世界征服、もう一歩だ。うは、うはうははは。
あとは、2ボリュームで満足できぬ不逞の輩をだまらせるべく、トンコロと、スピーカーシミュレーターの開発ではないか、ミキサー直結コンポーネントギターシステムの全容が見えてまいったぞ、ぬは、ははは!

ライブのステージで大音響のギターをかき鳴らすには若干、歳を重ねすぎた二人は、その満たされない欲望を垂れ流すべく、夜な夜な不健康な自宅録音の悪徳にふけっていたのであった。
巨大なだけでなく、その爆音のゆえに自宅に置くことが許されないギターアンプ。しかし、自分だけの音を求める二人の妄想の暴走は、もはや誰にも食い止めることは出来ないほどに膨れ上がっていたのだ。
この密議の中で発案されたのが、「ミキサー直結コンポーネントギターシステム」である。

というわけで、オリジナルの設計者は、歪み歪め歪んでくれ(Fuzz研川崎出張所)のオーナーさん。
氏のブログの該当記事の エントリーはこちら。ぜひ、あわせてこちらもご覧下さい。

SuperEdge2

「ミキサー直結コンポーネントギターシステム」は、

を柱にギターアンプをモジュール/コンポーネント化して、トーンコントロールユニットや、リバーブユニットなど、自分の音つくりに必要なをモジュールを追加しておれ様ギターアンプシステムを構築することができるという妄想だ。
SuperEdgeはこの「ミキサー直結コンポーネントギターシステム」の中核をなすヘッドアンプ部分の開発コードネームで、エフェクタとして最適化したのが、このSuperEdge2だ。

実は、後日、バリバリにひずみまくるSuperEdge2の相棒として、決して歪まない、決して濁らない、ひたすら原音に忠実なヘッドアンプとして、「スーハーエッチ」も開発されたが、あまりの音のひどさにボツとなっている。キャビネットシミュレーター部分は普通に頓挫したまま1年が経過している。

回路

FETのハイインピーダンスでギターの出力を受けた後、MOSFETによる反転アンプの2段重ね。直球ストレート、しかも剛速球を絵に書くとこーなる回路。
C1、C3、C4、C6、C8は、音のキャラクターに大きな影響を与えるコンデンサで、一般にはハイファイ志向の部品が使われるのだけど、作者の意向として、積層セラミックコンデンサを使うことが推奨されている。

PCBパターンは僕がデザインした。僕はこれで組み立てて動かしてはいるけど、あくまで参考例。

実装

picture
蛇の目基板に組み立てた、SuperEdge2

PCB上の実装状態はこんな感じ。
青いツルっとしたコンデンサが、オーディオ信号を通すコンデンサとしてはタブーとされている積層セラミックコンデンサ。
ギターの音つくりには、タブーは無い。一般に(オーディオ的に)いい音がする部品を選んでも狙いどおりの音が出るケースはあまりない。タブーとされることを好き好んでやる、ゲテモノばっかり選んで食う。しかも、よく噛んで。旨いかどうかは食った奴にしかわからない、非情の世界。

実は、このように実装すると、ケースに入らなくなる。組み立ててから気が付いた。ケースに綺麗に収めるには、VRを逆さにして、基板の上に、ボリュームが覆い被さるようにしなければいけない。

picture
VRを逆さに付け直す。ボリュームのケースもグランドに落す

逆さにつけるには、ボリュームの回転軸の方向もかえなくちゃで、ボリュームの端子をクロスさせて配線させなければいけなくなり、後から泣きながら修整した。奥の方は、修整しきれなくなって、配線を交差させている。PCBパターンは修整済み、写真方向にすんなり取り付けられる。
基板のケース内での保持機構を省略するために、ボリュームをスズメッキ線で、PCBに取り付けている。硬いスズメッキ線を使うと、ボリュームをケースに止めるとき、ボリュームが変形してしまって、壊れる/接触不良になる事があるらしい。比較的ナヨナヨなメッキ線を使うほうが良いかもしれない。
ボリュームをケースに固定してから、メッキ線の部分だけ半田付けするのが正しい。

ケース

picture
トラだ、トラになるのだ! ペイントする前は こんな感じだったのだ。

ケースは、タカチのYM-100を利用した。 ケースの塗装は2段階。穴あけを済ませたケースを1度白で塗る。その上から黄色のスプレーをかけた。塗料は100円ショップで手に入れたもの。葉書2枚ぐらいの範囲を塗ると終っちゃうぐらいの量。エフェクターの塗装にはちょうどいい。
ケースには、保護のビニール膜がついているので、塗装寸前までこれを剥がさないようにする。さらに、膜を剥がしたら手で触らないようにして皮脂がケースに移らないようにすると、他に何にもしなくても綺麗に塗料が乗る。
もし、手でべたべた触ってしまった後なら中性洗剤で脂を洗い流し、水分を飛ばしてから塗装する。

色が乾いたところで、レタリングを入れる。長年使い込んだ、黒のレタリング、若干品切れ気味。OutのOがなくなっちゃった。しょうがないので、Qのひげの部分をむしったり、INのIも無いので、Lの足を千切ったり、ヘボイ。
最後にクリアラッカーをかける。薄めにかけて、一旦、乾いたところで又載せる。3回ほどに分けて塗り重ねる。一度にたっぷり掛けると、(スプレーにも因るのだと思うけど)レタリングが融けたり、白く変色したりする。また、寒いとスプレーが綺麗に噴射しなくてなんというか、微妙なでこぼこが残る。冬にスプレーするのなら、しばらく懐に入れて温めてからやるといい。

デモ

picture
クリフのジャックは、適当に足をまげないとケースと当たる

SuperEdgeは、r0r0さんの作品の中でも、僕は最も気に入ったエフェクターで、無印を組み立ててはデモを録音し、録音しては、2を組み立てと、かなりの数のデモを録音したのだけど、楽曲的にもお気に入りはこいつかも。
コントロールはゲインとボリュームの2発。ゲインのツマミで歪具合を決め、アンプ(または接続したミキサーのヘッドアンプ)が歪まないようにボリュームを絞る。という使い方。つい上げギみなボリュームはいつも絞る方向で音を作るほうが、SuperEdge2の個性を引き出せる。どちらのツマミの目一杯という使い方はお勧めしない。 氏のブログに投稿した、SuperEdge2の使い方。まあ、どんな使いかたしてもいいんだけど、こいつでなきゃ出ない音は、9時から10時の音かな。
10人のギタリストがいたら10のギタースタイルがあるだろう。そのスタイルにマッチした音は一つだけじゃないだろう。莫大な音の中から僕は、この音に出会った。奇跡に近いのかもしれない。

まあ、こまけえ事は、気にすんなよ、爆音なんか弾いちゃえばみんな一緒だから....