Voltage Controlled State Variable Filter(仮公開)


SEM Clone


オリジナルの回路とはまったく違うのだけど、State Variable 式であるという一点だけの理由で、この開発コードを付けた。
大体見たことがあるだけで、その音をきっちり聞いたことがあるわけでもないので、オリジナルとの区別もつけられない。まさに、開発コードとしてだけ名前を借りている。
当時OTAを使った電圧制御のState Variable Filterを採用したシンセはすくなかったのだそうだ。LP、HP,BPの4種類のフィルターの出力を同時に取り出せ、LPとHPをミックスすることでNotchフィルターとしても使える。むしろ、この操作性(ノブの動作パネル構成)をコピーしたという意味で、SEM Cloneと呼ぶつもりだ。

OTAを使った楽器用としてのState Variable Filterの制作例はWebを検索すればたくさん見つけることができるが、Ray Wilson氏Ray land's Analog Synth page に紹介されているVoltage Controlled State Variable Filterを国産のトランジスタに置き換える制作をして見る。


調整



ホームメイドシンセのトップページに戻る
武田のホームページに戻る

"Voltage Controlled State Variable Filter" Copyright 2002,2003 Motohiko Takeda, Crow Hill Laboratory
Motohiko Takeda Mail:takeda@aleph.co.jp